ご希望の警察署情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト警察署リサーチ

警察署情報

犯罪の防止と解決に努める警察



犯罪は、起こらないことが国民にとって第一ですが、もし起こってしまった場合はそれを解決しなくてはなりません。警察は、犯罪の防止と解決に努めているのです。

犯罪の防止

国民が安全で安心に暮らせるように、治安の維持に向けて警察はさまざまな活動を行なっています。この治安を乱す行為のひとつが犯罪です。犯罪は、いつどこで起こるかなどは到底予測できるものではありません。そこで、まず犯罪が起こらないようにするのが大切なのです。

犯罪の防止には、まず犯罪というものを理解する必要があります。

それは、どんな時間帯に、どんな事が、どういう状況で、犯罪が起こったのかを知ることです。警察には、過去に起こった犯罪に対してのデータがたくさんあります。この膨大なデータをもとに、星の数ほどあるといわれている犯罪のケースに合わせて、さまざまな防犯対策を練っているのです。近年では、年配者を狙った「振り込め詐欺」や、インターネットを介した「サイバー犯罪」など、犯罪にも流行のようなものが存在していて、それらの犯罪を防止するために、警察も時代の流れに沿って犯罪防止対策を行なっています。

例えば「振り込め詐欺」は、年々手口も巧妙化していて被害も増えています。「『最近、携帯番号が変わった』、『今からお金を取りに行くから』などという電話には要注意!」など、実際の被害例をあげたパンフレットなどを配ったりして、国民に注意喚起しています。

また、空き巣や痴漢、ひったくりなど、日常生活をおくる上で遭いやすい犯罪に対しては、パトロール強化に併せて、市区町村の自治体と協力による防犯ボランティアなどを募るなど、日頃から防犯活動を行なっているのです。

事件を解決する

警察が日頃の防犯活動にどんなに努めていても、犯罪は時と場所を選ばず起こってしまいます。警察は、起きた犯罪に対して解決へ向けて捜査活動を行なわなくてはなりません。

犯罪が発生すると、その犯罪によって被害を受けた人が必ずいます。その被害者を保護し、どんな事件が起きて、どんな被害に遭ったのかを捜査するのです。もちろん、犯人を逮捕するための情報と証拠も集めなくてはなりません。

犯罪が起きた事実関係を調べ、情報や証拠品を捜査によって収集すると、それをもとに犯人を逮捕するための逮捕状の請求を行なって犯人を逮捕します。犯人の逮捕後は、さらなる捜査活動によって事件の全貌を解明して、犯人が起こした犯罪に対しての処罰を与えるための裁判を行なうことで、事件は解決へと向かうのです。

凶悪な殺人など、犯罪の種類によっては犯人が裁きを受けても、被害者やその家族にとっての「解決」にはならないことがあります。警察は、同じような悲劇が繰り返されないよう、さらに防犯対策を打ち出していくのです。