ご希望の警察署情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト警察署リサーチ

警察署情報

警察官として欠かせない体の鍛錬



警察活動中には、事件・事故や自然災害など、日常とは条件の違う事態の発生に遭遇することもあります。警察官は、こうした有事に備えて体の鍛錬を欠かしてはならないのです。

緊急時を想定した体の鍛錬

警察官は、どんな部署に配属されていても、事件や事故などが発生した緊急時には警察組織の一員として、然るべき対応を行なわなくてはなりません。それは、自然災害などが発生した場合も同じです。

こうした状況に、いつなんどき直面しても対応できるよう、普段から体を鍛えるなどして、警察官は鍛錬を怠りません。

身体の鍛錬の方法は、配属されている部署の警察活動の内容によっても異なります。交番勤務などの一般警察官なら、シフト制という不規則な勤務体系の中でも比較的、勤務日と休日の区別がはっきりとしています。そのため、勤務明けの非番や休日を利用して、警察学校で培った武道である柔道や剣道などに励み、逮捕術などの訓練を行なう機会も多いのです。

警察組織の中でも、更なる鍛錬を必要とする部署もあります。例えば、警備部の警官は、一般警察官よりも心技体の概念で能力を上回らなくてはならない特殊な部署です。特に警視庁警備部の「SP(セキュリティポリス)」は、要人警護のために必要とされる知識に加え、卓越した身体能力も要求されるので、警護という勤務以外の時間には厳しい訓練を行なっています。

また、特殊部隊のSATや、集団制圧力を持つ機動隊も、常識を逸する現場に身を置かなくてはならない状況を想定した特殊訓練を、出動命令が下るまで日々行ない、身体の鍛錬を絶やしません。

管轄地域に山岳地帯を有する警察署では、山岳救助隊などが編成されています。編成に加わる警察官は、山登りなどのレジャーシーズンに向けて、過酷な山岳エリアでの救助活動を前提とした、特殊な訓練を行なっているところもあります。

日々、身体を鍛えている警察官ですが、その技と術を競い合う機会も設けられています。各都道府県警察では、警察官の日頃の鍛錬の成果を計る場として、柔道剣道段位別試合と称した模範試合を実施しているところもあります。警察官らしく正々堂々と、と訓示をのべながら、署員の激励が飛び交う試合は、関係各所から来賓を集めて行なわれています。

また、身に着けた鍛錬の成果ともいえる武道を、青少年の育成に使うこともあります。地域の公民館などを利用して、地域の小中学生を対象にした柔道教室や剣道教室といった、警察官が指導を行なう武道教室を開催している警察署もあるのです。

警察官の行なっている日頃の鍛錬は、緊急時のみならず、地域に貢献するためにも役立つものなのです。