ご希望の警察署情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト警察署リサーチ

警察署情報

留置所と拘置所



事件を起こした犯人と疑わしい人物(以下被疑者)を拘束するために用意された留置所と、裁判を待つ被疑者を収容するための拘置所。ふたつの施設の特徴を見ていきましょう。

留置所とは

留置所とは

日本の法律では、事件の被疑者を逮捕するときは、現行犯逮捕もしくは緊急逮捕でない限り、事前に逮捕状を令状として用意しなくてはなりません。逮捕状が発令され、事件解決のための逮捕が行なわれると、犯人は逮捕の瞬間から48時間以内に検察官へと身柄を引き渡されます。

この被疑者を、逮捕後から検察官への引き渡しが行なわれるまでの間に留めて置く場所が「留置所」です。留めて置くのは、事件に対する取調べや捜査目的のほかに、被疑者が逃走や事件の証拠隠滅をできないようにするためでもあります。また、検察官が被疑者を裁判するために、警察から送られてきた証拠などを検証する間、被疑者を留めて置くよう留置所へ送ることもあります。

留置所は、全国の都道府県本部とその各警察署に、約1,300ヵ所設置されています。警察庁(留置業務に関する制度)によると、1日平均約1万4,000人が留置されています。留置所に拘束された時点では、まだ事件に対する被疑者と法的には断定されていないこともあるので、拘束状態から逃げ出せないよう監視されているものの、その施設内は刑務所とは異なり、日常生活を送るには十分な設備が整っています。

居室は成人男性、少年、女性と区別されており、浴室、トイレ、運動場まで整備されています。留置所の生活は、逃亡、証拠隠滅などを防止するための制約があるほかはプライバシーが守られ、24時間の空調設備も完備され、人権的にも配慮されているのです。

拘置所とは

拘置所とは

留置所から検察官に身柄が渡された被疑者は、検察官が事件に関する捜査を行なう間、拘束されます。捜査の結果、検察官が裁判所へ被疑者の行なった犯罪に対する罪の請求を申し出た場合は、被疑者は「拘置所」へと移されます。

拘置所とは、処罰を下す裁判が行なわれるまで、被疑者の身柄を拘束するための施設です。留置所との決定的な違いは、留置所はあくまでも身柄拘束のための施設であるのに対し、拘置所は被疑者を収容するための施設であるということです。「拘束」には一部制限はありますが、比較的緩い監視下に置かれます。「収容」は一切の自由を委ねて、規則に従わなくてはならないのです。

また、すでに処罰が確定して、収容される刑務所への移送を待つ受刑者が拘置所に置かれる場合もあります。拘置所は、留置所よりも設置数は少なく、事件のケースによっては裁判所の判断により拘置所には送られず、代替え施設として留置所に送られる被疑者もいます。