ご希望の警察署情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト警察署リサーチ

警察署情報

市民に密着する地域部の警察官



我々の生活に密着しながら、地域の安全を守る防犯活動を行なっているのが警察署に設置されている地域課の警察官達です。

生活の中で目にするのは地域課の「おまわりさん」

生活の中で目にするのは地域課の「おまわりさん」

国民にとってもっとも身近に感じるのは「おまわりさん」と呼んでいる、交番の警察官やパトカーで巡回パトロールをする警察官ではないでしょうか。

彼らは、警察署の「地域課」と呼ばれる部署に所属しており、担当地域に密着した警察活動を行ない、その地域の住民がより良く暮らせるように日々努めています。この地域課を統括指導するのが、警察署の上部機関となる都道府県警察本部にそれぞれ設置されている「地域部」という部署です。

地域課の活動内容は、住民生活に密着しているものが多く、交番での「立ち番」と呼ばれる防犯を兼ねた見張りのような役割から、警らといわれる担当エリア内の巡回パトロールのように、毎日地道に行なう活動が中心となります。また、物が盗まれたときの届け出や、落とし物を拾ったときの届け出、付近の道案内などといったやりとりを重ねて、住民が気軽に警察と連絡がとれる環境づくりを行なっているのです。ときには、事件や事故の対処に出動することもあり、地域課はさまざまな仕事をこなしています。

地域課は幅広い活動内容を持つ警察の窓口

地域課は幅広い活動内容を持つ警察の窓口

事件や事故を目撃した人が「110番通報」をしたとき、電話口で対応する通信指令センター(または通信指令課)も、地域課に属している部署のひとつです。通報を受け、パトカーなどで現場に急行し、事件や事故の事情聴収などの初動捜査をする警察官も、地域課の職員です。また、駅や鉄道などを管轄に持ち、車内での痴漢行為やスリなどの防犯、取り締まりを行なっている鉄道警察隊も地域課に属しています。つまり、人々の生活圏内で活躍している警察官のほとんどが、この部署に所属しているといえるでしょう。

そして、地域の特性に合わせた活動を行なっているのも、地域課の特徴です。例えば、山岳エリアを管轄にもつ地域課の警察官は、パトロールなどの防犯や犯人の追跡を目的とした捜査活動に加えて、山岳地での遭難者の救助救援活動、災害や事故現場での情報収集なども行なっています。中には「航空隊」と呼ばれる、ヘリコプターによる活動を行なう部署を配置している警察署もあります。このように地域課は、警察署が担う管轄エリアでの警察活動の最前線を多方面、多角的に捉え対応しているのです。

こうした活動を通して、地域課は地域の安全と安心に対して大きな役割を果たすとともに、地域住民がいつでも駆け込める「警察の窓口」となっています。