ご希望の警察署情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト警察署リサーチ
警察署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

警察署情報

警察官の採用や異動にかかわる警務部



警察という大きな組織の中には、国の治安維持にあたるための活動のほかにも、これらの活動にあたる警察官を採用したり、異動させたりする警務部という部署もあります。

警察内で活動する部署

警察内で活動する部署

警察という組織には、防犯や捜査などの警察活動だけではなく、さまざまな事務を担う部署も設置されています。いわゆる、一般の会社で総務部や人事部にあたる部署のことですが、警察ではそれを「警務部」と呼んでいます。警視庁では、総務部と警務部はそれぞれ独立した部署として設置されていますが、ほとんどの各道府県警察の本部では警務部として、各警察署では警務課として設置されています。

警務部の活動内容は、大きく分けて2つあります。

1つめは、警察内の一般的な仕事となる、落とし物や拾い物などの受付け業務にはじまり、110番などの緊急通報以外で警察にかけられた電話への対応、警察の活動をPRするためのホームページやパンフレットの作成やメディアの取材に対応する広報業務、管轄内で起こった犯罪件数などを集計し統計化する業務など、総務的な活動です。ちなみに、警察の音楽隊は広報活動の一環として、警務部内の広報という部署に属しています。

2つめは、警察官を新規に採用したり、異動や昇進をさせる人事を行なうことです。またこの人事の係の中には、警察官に対する監察業務に携わる監察官室も設けられていて、内務服務規程違反(警察官という立場に定められた規則に違反すること)をしていないかなどを調べ、取り締まり、そして処分を下すこともしています。

こうして警務部は、警察という組織を機能させるための一端を担っているのです。

まだある警務部の仕事

まだある警務部の仕事

警察官が地域住民のために警察活動を滞りなく行なう上で、陰ながらその活動を支えている警務部ですが、上記以外にも仕事はたくさんあります。例えば、警察官は警察署に勤める国家公務員もしくは地方公務員ですから、国から給与が支払われています。この給与を会計し、支払いをするのは警務部の給与課の仕事です。

そのほか、警察官に必要な装備である制服や拳銃、手錠などの捜査にかかわる備品、パトカーや白バイ、警ら用の自転車などの整備や管理なども警務部が行なっています。また、警察官の健康診断などの福利厚生、さらには職場環境の向上、スキルアップのための研修や育成のための訓練などを実施しています。

このように警務部は、一般企業でいうところの総務部が行なっている業務と、人事部が行なっている業務を、すべて請け負ったような部署なのです。