ご希望の警察署情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト警察署リサーチ

警察署情報

警察の特殊部隊SAT



凶悪な重大犯罪やテロリズムに対抗するために、警察では通常の警察官とは一線を画す特殊な部隊を組織しています。

テロに対抗する強靭な部隊「SAT」

テロに対抗する強靭な部隊「SAT」

警察内に組織される特殊部隊(特殊急襲部隊/Special Assault Team)通称SATは、警視庁北海道神奈川千葉愛知大阪福岡沖縄の8都道府県警察に設置されています。SATは重大テロ事件やハイジャック、銃器などを使った事件などの犯罪に対抗するための組織です。出動時は、現場の安全を確保しながら事態を鎮圧し、被疑者の検挙を任務としています。

特殊部隊といわれるだけあって、その装備は通常の警察官とは異なり、自動小銃、ライフル、特殊閃光弾などを身に着けているほか、作戦用のヘリコプターなども用意されています。

特殊任務を負うSATは、射撃訓練などの実践的な訓練を積み重ねて、日頃から事件への対処能力の強化が図られています。

SAT以外にも特殊部隊が存在する

SAT以外にも特殊部隊が存在する

近年、世界各地で国際テロ犯罪が激化しています。日本でもテロ発生などの緊急事態に備え、SATに加えて「銃器対策部隊」や「NBCテロ対応専門部隊」という特殊部隊が用意され、訓練が行なわれています。

銃器対策部隊は、全国の機動隊に配備されています。銃器が使われる事件や原子力発電所などの重要施設の警備を担当する部隊で、テロ事件発生時は、SATが現場に到着するまでの対応任務や、SAT到着後の支援活動をします。隊員は防弾着に防弾盾、防弾帽という姿に、ライフル銃、サブマシンガンなどを装備しているほか、装甲警備車などが用意されています。

NBCテロ対応専門部隊は、警視庁、北海道、宮城、神奈川、千葉、愛知、大阪、福岡の8都道府県警察に設置されており、Nuclear(核)、Biological(生物)、Chemical(化学)といった物質を使用する近年の国際テロに対抗するための部隊です。もしもNBCテロが発生した場合は、いち早く現場に急行し、原因となる物質の検知、除去を行ない、現場での避難や誘導活動を任務としています。

戦闘を想定したSATや銃器対策部隊とは違い、NBCテロ対策専門部隊の装備は、化学防護服に生化学防護服に加えて生物化学剤検知器などを装備し、化学兵器に対応する最先端の分析機材などを搭載したNBCテロ対策車とよばれる専用の車両が用意されています。

このように警察では、重大な事件発生時にも対抗できる特殊部隊を設置し、万が一の事態に備えているのです。

海外でも活動できる特殊な部隊

海外でも活動できる特殊な部隊

1996年(平成8年)にペルーで起きた日本大使館占拠事件の教訓から、警察庁はテロに対して海外でも活動できる特殊な部隊「国際テロリズム緊急展開班」を設置しました。こちらは常設される組織ではなく、あらかじめ警察内で爆発物や鑑識などの専門知識や技能を持つ職員を指定しておき、海外で起こったテロに日本人が巻き込まれたときに緊急招集して派遣するというものです。