ご希望の警察署情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト警察署リサーチ

警察署情報

警察への110番通報のしくみ



ここでは、110番通報のしくみについて紹介します。

事件や事故を通報するための緊急ダイヤル

「110番通報」は、緊急通報とも呼ばれ、予期せぬ事態が起こった際に一般市民が警察へ連絡するための手段です。携帯電話やスマートフォンはもちろん、家庭の固定電話や公衆電話から1・1・0にかけることで、通報地点に近い警察の「通信指令センター」につながり、待機する職員とすぐに通話ができるようになっています。通話料は無料です。

通報から出動までの流れ

「110番通報」から、警察官が現場に到着するまでの流れは次のようになります。

  1. 住民が「110番通報」をすると、通報場所を管轄とする警察本部に設置された「通信指令センター」に接続されます。
  2. 通信指令センターの受理台にいる係員が、通報者から事件や事故などの内容を聞きながら、その情報を直ちにコンピュータに入力。同時に、通信指令センター内の無線指令台や、通報地域の警察署へ転送されます。
  3. 無線指令台のモニター画面に、受理台から送信された通報内容や現場の所在地などの情報が映し出されます。係員は画面を確認しつつ無線を使って、現場付近を警ら中のパトカーや警察署などに現場へ向かうよう指令を出します。
  4. 指令を受けたパトカーが現場へ急行します。また、警察署から指令を受けた交番の警察官が急行することもあります。

迅速な情報伝達を支える通信システム

ほとんどの通信指令センターには、地図端末装置にパトカーの現在位置や活動状況がリアルタイムに表示される「カーロケーター(カーロケーションシステム)」が導入されています。このシステムにより、現場にもっとも近い場所にいるパトカーを即座に急行させることが可能になり110番通報から警察官が現場へ駆けつけるまでの時間(リスポンス・タイム)は、以前よりも短縮されつつあります。さらに無線指令台のマルチモニターでは、現場の詳細地図や、ヘリコプターによる空からの映像など、現場の生の状況も確認することができます。

また、地域によっては、パトカーのカーナビゲーションに、パトカーの位置をお互いに表示できる「チームナビ」が導入されています。車両同士の情報交換がしやすく、通信指令センターからの文字情報も車内のモニターに表示されるため、より効率的な追跡活動に役立っています。

「110」という数字になった理由

1948年(昭和23年)10月1日、110番という「通報制度」ができました。犯罪の発生後すぐに通報されるシステムがあれば、警察官が迅速に現場へ向かい、いち早く事件解決または人命救助ができるからです。

まずは東京、大阪、京都、横浜、川崎、名古屋、福岡という8大都市で採用されました。当初は東京で「110番」、大阪では「1110番」などとバラバラでしたが、1954年(昭和29年)に現在の数字に統一されました。

「1・1・0番」になったのは、誰もが覚えやすい数字だから、という理由だけではありません。ダイヤル式電話機の時代に、回すのに一番時間がかからない「1」を多くし、さらにかけ間違いによる誤報を少なくするため、ダイヤルの一番最後にある「0」を組み合わせたのです。

警察と市民を結ぶ2つの「110番」

警視庁の発表によると、2012年の110番通報の約3割は、警察に対する問い合わせや相談、いたずらなど、緊急性のないものでした。このことから警察庁では、警察と市民の連絡網として「110番」のほかに、問い合わせや相談に特化した連絡先として「#9110」という専用回線を全国共通で用意しました。「#9110」は、土・日・祝日を除く平日の8時30分~17時15分まで受け付けています。