ご希望の警察署情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
警察署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

警察署情報

警察車両として使われる
パトカーの相互無線通信



ここでは、パトロールカー(通称パトカー)と、パトカーに搭載されている相互無線通信について紹介します。

全国の都道府県警察に配備されたパトカー

全国の都道府県警察に配備されたパトカー

パトカーは、警らや巡回、交通整理や事故処理などを目的に、警察官が乗車する「警察用緊急車両」です。より速く現場へ急行するための手段として、広範囲にわたる警ら活動など、機動性の高さを特徴としています。

パトカーには使用目的に合わせた種類があり、警察署の地域課や交通課、自動車警ら隊、高速隊などが主に使用する「交通取締用四輪車」と「無線警ら車」、通称ミニパトと呼ばれる「小型警ら車」などが配備されています。

パトカーが日本の警察に初めて導入されたのは、1950年(昭和25年)6月のことです。当時、自治体警察であった警視庁に3台の無線警ら車が配備されたのが始まりです。

昭和23年頃、パトカーとして一部の警察で使用されていたジープ車両は白でしたが、当時の道路は未舗装路が多く、車体の汚れが目立つという理由で廃止されました。現在の外観上の一番の特徴である白黒のツートン色は、当時の警視庁がアメリカのパトカーを参考にして採用したものです。黒色のセダン車両を基調に、上部を白、下部を黒というおなじみの配色は、1955年(昭和30年)には全国のパトカーで統一されました。

相互無線通信で高まった利便性

全国の都道府県警察に配備されたパトカー

パトカーは、その機動性を活かしながら無線機を搭載することで、常に管轄の警察署や通信指令センターと連携しています。通常は交通取り締まりや警戒警ら、職務質問などにあたっていますが、110番通報を受理した場合などの緊急時には、すぐに対応できるようになっています。車内には無線機のほかに「カーロケーションシステム(カーロケータ)」が導入されていて、パトカーの現在地や活動状況が、相互通信により都道府県警察の各通信指令センターへリアルタイムに伝えられます。また、カーナビゲーションシステムに、自車周辺にいる警察車両の位置をお互いに表示することができる「チームナビ」と呼ばれるシステムを導入している車両もあります。

相互通信によってパトカーの守備範囲は広がり、指名手配犯、盗難車、各種盗難品などに関する膨大なデータを大型コンピューターから容易に照合できるようになりました。これによって、データから該当の有無を現場で判断できるようになったのです。

これらのシステムを駆使することで、自車位置を通信指令センターに伝えるだけでなく、指令センターからの情報を車内のモニター画面に文字で表示させたり、現場で撮影された状況写真などを送信したりと、相互通信による利便性を最大限に利用することで、より効率性の高い迅速な事件解決へ努めているのです。