ご希望の警察署情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
警察署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

警察署情報

警察官の昇進試験と配属、異動



警察官は意欲と適性能力があれば、警察組織内で希望する部署に就くことを望んだり、昇級を目指すことができるのです。

配属と異動

配属と転属

交番に勤務する警察官は、いつまでも同じ交番で勤務しているというわけではありません。警察官には、自分の勤務状況などを報告する自己申告制度というものがあり、これは毎年行なわれています。自己申告制度は、自分の勤務状況を報告するとともに、現在配属されている部署から、希望する別の部署への異動を希望として提出することができるのです。

これをもとに、警察官の人事を統括する警務部において、希望を出した警察官本人の能力や適性を判断し、配属先を変えることもあります。これを異動といいます。

警察官として採用されて警察学校を卒業後は、どんな警察官でも一度は交番勤務が命じられますが、その後は、本人の希望または適性に応じて配属先が決められていくのです。

階級が上がる昇任試験

階級が上がる昇任試験

また、警察官としてある程度の勤務年数が経過すると、昇任試験を受けることで階級を上げていくこともできます。昇任試験を受けるには、警察官として採用された時点での公務員の資格取得の種類によっても違います。

大学院や大学卒業者が取得できるⅠ類、短大卒業者が取得できるⅡ類、高校卒業者が取得できるⅢ類にそれぞれ分かれています。Ⅰ類で採用されていれば、勤務実績が1年経過すると昇任試験を受けることができ、Ⅱ類は3年、Ⅲ類は4年経過するとそれぞれ昇任試験を受けることができるのです。

警察官として採用され、警察学校に入校した時点で階級は「巡査」が与えられています。この巡査を起点に、昇任試験に合格すると、「巡査部長」、「警部補」の順で昇級していきます。

「巡査」と「巡査部長」の間に、「巡査長」という階級がありますが、これは巡査のうち、成績が優秀で経験が豊富な者に与えられる称号のようなもので、正式な階級ではありません。

また、巡査部長として、資格(Ⅰ類・Ⅱ類・Ⅲ類)ごとに定められた一定の勤務実績を達成すると、警察組織の中でも中間幹部に位置する「警部補」の階級へと昇級することができます。警部補は、警察署では係長というポジションに就任でき、現場責任者として、部下を指揮管理する立場が与えられます。なお、よく警察ドラマなどで「ノンキャリア」や「キャリア」と耳にしますが、「ノンキャリア」は地方公務員試験を合格した地方公務員で、「巡査」からスタートするのに対し、「キャリア」は国家公務員総合職試験を合格した国家公務員で、「警部補」からスタートすることができます。また、「ノンキャリア」と「キャリア」では、その後の昇進できる階級やスピードが大幅に異なってきます。

さらに警部補として4年以上の勤務実績を達成すると、昇任試験合格により、警察署では課長代理などの業務管理を行なう「警部」へと昇級します。この時点で、Ⅰ類取得者であれば最短で20代後半、Ⅲ類取得者でも最短で30代前半で警察署の中核を担う階級へと昇級することができるのです。

そして、警部という階級の上には、警察署長や副所長、課長など組織の業務を掌理して部下を指揮監督する立場となる「警視」、さらには「警視正」や「警視長」、「警視総監」、「警察庁長官」と階級が上がっていきます。なお、警部以上の階級は昇任試験は行なわれず、能力によって選考されます。