ご希望の警察署情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト警察署リサーチ
警察署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

警察署情報

警察への行方不明者届の出し方



「家族や親族が、ある日突然いなくなってしまった!」。このようなときは、家出人として警察に届けることで探してもらえるようになります。

警察網を駆使して家出人を探す

警察網を駆使して家出人を探す

もしも家族や親族が失踪した時や、家出をして所在の確認ができない場合は、最寄りの警察署や交番に行って「行方不明者届」を出すことになります。警察では、「本人や保護者の意志や同意なく所在がわからなくなった人」を行方不明者とみなし、その家族や親族から行方不明者届を受付ることで、捜査をします。

この「本人の意志や保護者となる人の同意なく行方不明になる」というのはケースにより異なるため、警察では行方不明者届を受付る際も慎重に調べながら行ないます。事件事故に巻き込まれた可能性があるときは、さらなる捜査が必要となるからです。「行方不明者届」を出すのは、行方がわからなくなった人(行方不明者)の保護者または配偶者、親族にあたる人でなければなりません。知人や友人は、行方不明者届を出すことはできないようになっています。

行方不明者の届け出には、次の情報が必要となります。

  • 家出人の氏名、生年月日、本籍、血液型
  • 家出人の人相(髪型など)や体格(身長や体重)などの特徴
  • 家出当時の着衣や所持品の特徴
  • 行方がわからなくなった日時
  • その原因と思われることや動機と思われること

そのほか、行方不明者である人の最近の写真など、捜索に必要な情報はなんでも伝えるといいでしょう。これらの情報を、行方不明者届を受理した警察署でコンピュータ入力を行ない、登録をすることで全国の都道府県警察へ手配します。全国の警察で共有する家出人のデータと照合したり、行方不明者として警察に保護された人の中に届出情報と一致する人がいないかを調べます。このように警察の情報網を駆使して、行方不明者の発見につながったときは、警察署から届出をした人に連絡がいくようになっています。なお、以前は、これらの届出を「捜索願」と呼んでいましたが、平成22年4月から「行方不明者届」に名称が変更されています。

さまざまなシーンで発見につながることも

さまざまなシーンで発見につながることも

警察署や交番、駐在所では、日々地道な警察活動が行なわれています。それは、パトロールや交通の取り締まり、事件事故などの犯罪捜査活動です。この活動を行なう際にも、「行方不明者届」で提出されたデータは活かされ、登録されたデータと一致して、行方不明者として保護されることがあります。また、事件や事故に巻き込まれ、所在がわからず行方不明となっている人も、こうした警察活動の中で発見につながることもあるのです。