施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の警察署情報を無料で検索できます。

ホームメイト警察署リサーチ

警察署情報

地域住民と交番・駐在所の
警察官とのコミュニケーション



交番や駐在所には、常に警察官が勤務をしていて、犯罪や事故が起こらないように目を光らせています。そんな警察官とコミュニケーションをとってみてはいかがでしょう。

地域に貢献している警察官

警察組織の末端を担っているのが、交番や駐在所といった施設です。交番や駐在所には24時間体制で警察官が詰めていて、地域の安全を守るための警察活動が行なわれています。

その警察活動の中でも、重要な職務のひとつが地域住民とのコミュニケーションです。地域住民との会話を通して、警察官は地域の情勢を知ることができます。もしも、犯罪が行なわれそうな状況を耳にしたときは、現場へ赴き、それを防ぐことで防犯活動という警察活動にもつながるのです。

献身的に行なう警察活動

例えば、地域でひったくりが起こったとします。このとき、被害者は近くの交番を探して被害を訴えるか、110番通報をするでしょう。しかし、犯罪に慣れているという人はほとんどいません。被害者は初めての出来事に驚き、そして怯えています。

直に対応する警察官は、被害者の精神状態を落ち着かせるために、やさしい言葉をかけつつ、犯罪の状況を詳しく聞きます。犯人の特徴やひったくられた物の被害状況なども聞き出さなくてはなりません。

そして、犯行を所轄の警察署へ報告し、犯人の手配を行なったり、場合によっては犯行現場へと向かい、犯人を追跡するなどの捜査にあたることもあります。それらを瞬時に判断し、警察活動を遂行しなくてはならないのです。

また、被害に遭った人の心のケアも警察官の仕事です。家族が迎えに来るまで交番で話し相手となったり、「怖くて帰れない」という人は自宅まで送り届けたり、被害者が安心できる状態になるまでフォローします。

このように、警察官が行なっている警察活動というのは実に奥が深く、そして地域住民の生活と安全を守るためにやらなければならないことは数多くあるのです。

こうした視点から警察官を見ると、個人としての続柄は他人であっても、身を挺して人々を守る警察官は、地域住民から見れば家族のように頼りになる存在と言えるのではないでしょうか。

自分達の町で、もしも犯罪や交通事故などが起こったなら、率先してその処理を行なってくれるのは、交番や駐在所にいる警察官です。町をパトロールしている警察官を見かけたら、臆せずコミュニケーションをとってみましょう。自分の住む町が警察によって守られていることを実感できるかもしれません。