ご希望の警察署情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト警察署リサーチ

警察署情報

警察官による日常のパトロール



警察官によるパトロール活動は、事件や事故を未然に防ぐために行なわれています。地域の安全を守るための、大切な防犯対策なのです。

犯罪を抑制する警察官の姿

犯罪を抑制する警察官の姿

地域住民がもっとも警察を身近に感じる存在は、交番に勤務する警察官、いわゆる「おまわりさん」です。警察官は交番やパトカーを活動の拠点にして、24時間の交代制勤務で地域の安全と治安を守っています。交番勤務をする警察官は、事件発生直後の初動捜査を行なう任務のほか、交番を訪れた人に道案内をしたり、落とし物や拾い物の取り扱い、地域住民からの相談など、幅広い警察活動に従事しています。

その活動の中に、パトロールがあります。パトロールとは、管轄する地域の状況を把握しながら、犯罪を起こした被疑者の検挙、近隣の交通の指導や取締り、少年非行の補導などに対応するために、警ら(けいら)、巡回を行なうことです。また、パトロール中に不審者と判断した人に職務質問をするなど、勤務先である交番を拠点に見回りながら、事件や事故を未然に防ぐための防犯活動をしています。

また、パトカーを拠点とするパトロールの場合は、その機動性を活かして広いエリアを担当します。もし、事件や事故の一報を受けたときは現場へ急行し、初動捜査を行なわなくてはならないため、パトロール中でも、その準備や態勢は整えています。

こうした、交番やパトカーを拠点とするパトロール活動は、犯罪が起こりやすい地域では、その姿があるだけでも犯罪発生を抑制する効果があるとされ、日々のパトロールは欠かさず行なわれています。また、治安の良いとされる地域でも、交番の警察官やパトロール中のパトカーを見て安心する、という声が多く聞かれます。

地域で自主的に行なう防犯パトロール

地域で自主的に行なう防犯パトロール

警察官のパトロールと同様に、地域住民が自主的に行なっている防犯パトロールというものもあります。これは、近年多発している路上犯罪(ひったくり、路上強盗、痴漢など)や、住居へ侵入し金品を奪う侵入犯罪に対しても効果のあるものとして、警察からも地域の自治体などに協力を要請しているものです。

防犯パトロールには、警察から発行されている『防犯パトロールマニュアル』があり、パトロールの仕方や注意点が詳しく記されています。これは、「安全にその地域をパトロールして防犯対策に努めましょう」と住民に呼びかけることで、一人ひとりが街の治安を意識して、防犯活動をしてもらえるように制作されたものです。

例えば、朝夕の子どもの通学時、ひったくりや痴漢が起きそうな場所などに住民がパトロールを実施すれば、子どもや女性が事件に巻き込まれるのを未然に防ぐことができます。

こうして、警察官によるパトロールと地域住民による防犯パトロールという二重のパトロールにより、街の治安は保たれているのです。