ご希望の警察署情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト警察署リサーチ
警察署
トップページへ戻る
トップページへ戻る

警察署情報

警察による防犯の講演会と展示



防犯意識を広く知ってもらうために行なわれる講演会と展示会。実際に見て、聞いて、触れることで防犯意識はさらに高まります。

犯罪に詳しい講師が語る講演会

犯罪に詳しい講師が語る講演会

地域住民の一人ひとりに、防犯に対する意識を持ってもらうことを目的として、講演会や講習会が全国各地で開催されています。単に防犯といっても、個人で考えることには限界があります。そこで、犯罪に詳しく、そして犯罪が起きないようにするための方法を知っている人から防犯知識を学びましょう、ということで開かれるのが講演会です。

講演会は、防犯に対しての著名な専門家や有識者、専門分野の警察官を講師に招き行なわれるもので、全国の都道府県におかれた防犯協会が主催しているものも多くあります。地域によっては、エリア内で多発する犯罪をテーマに、その犯罪に詳しい講師を招き、傾向と対策や実例などを挙げてもらうことで、住民や関係者に犯罪に対する知識を深めてもらおうという主旨の講演会なども催されています。

また、講習会は、市区町村の自治体が主催することもあり、大人数を招いて行なわれる講演会よりも、より地域に密接した防犯の在り方について話し合う場を提供しています。

事件がさらに詳しくわかる展示会

事件がさらに詳しくわかる展示会

こうした講演会は、防犯の在り方や知識を広く一般の住民にも知ってもらうために、各主催者によって定期的に開催されています。住民の防犯活動に非常に役立つものとして、地域によっては年間数度も行なっているところもあるくらいです。また、犯罪に関する書籍なども多数出版されていて、その著者が書籍を発表する場として行なう場合もあります。

講演内容は、講師によってさまざまですが、実際に起こった犯罪をもとに、犯行状況や犯人の心理状態を詳しく解析するなど、基本的には一般の人にも興味を持ってもらえそうな話題で行なわれています。

また、過去に起きた重大犯罪や世間を騒がせた犯罪などをテーマにした講演会が開かれることもあります。当時にニュースで見ただけの事件の真相や犯人心理がわかるとあって、なかなかの人気です。

講師を招いての講演会に対して、展示会も開かれています。これは犯罪をテーマに、実際の犯行道具や、捜査の最新機器類を用いて、事件の解明を描いたものを展示するというものです。例えば、1995年に起こった「地下鉄サリン事件」を題材にした展示会なら、最新機器を利用しての毒ガスの検知能力を紹介したり、当時の衝撃的な現場写真などを集めて伝えるものまで、さまざまな見せ方で開催されています。

インターネット社会といわれる現在では、家庭や職場、学校などでスピーディに情報を集めることができますが、犯罪に対する認識を深めたり、有効な防犯対策を知っておくには、実際に目で見て耳で聞くことも大切です。機会があれば、一度足を運んでおくといいでしょう。