ご希望の警察署情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

警察署用語集

警察署用語集 警察署用語集

文字サイズ

  • 冤罪
    えんざい

    冤罪とは、「無実の罪」を意味する言葉であり、実際には犯罪者でないのに犯罪者として扱われることを指す。いわゆる「ぬれぎぬ」である。人間社会における「罪」という概念は、人によって推測され、人によって裁かれるものであるため、その誤りによって冤罪が発生してしまう。実際に裁判で「有罪」と判決された無実の罪のみを「冤罪」と呼ぶ場合があれば、罪を犯していないのに誤った捜査で「容疑者」と呼ばれ犯人扱いをされたことを「冤罪」と表現する場合もあり、どこからどこまでが「冤罪」に相当するかの定義は定まっていない。なお、「冤罪」の「冤(えん)」一文字だけで「無実の罪」と言う意味があるため、文学作品などでは「冤」のみを使って「冤をすすぐ(雪ぐ)」などと表現することがある。これは「無実の罪から名誉を回復した」という意味。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の警察署を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る