ご希望の警察署情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

警察署用語集

警察署用語集 警察署用語集

文字サイズ

  • 検視
    けんし

    検視とは、検察官か、その代理(警察官)によって行なわれる、死体とその周辺状況を捜査し、犯罪性の有無を判断することである。事件現場などで発見された変死体(犯罪によるものだと明白な場合)などに行なう他、医者が死体を異状死と判断し、警察に届けたあとにも行なわれる。犯罪性があれば「司法検視」となり、犯罪性がなければ「行政検視」と呼ぶ。検察官ではなく警察官によって行なわれた場合は「代行検視」となる。必要に応じて解剖も行なうが、「検視」と言う言葉自体には「解剖」までは含んでいない。なお、漢字が違う「検死」「検屍」と言う言葉は日本の法律用語にないが、フィクション作品で使われることがあり、概ね「死体を検分すること」を意味している。また、「検案」と言う言葉もあるが、これは事件性の有無にかかわらず、医師が死体を検分することを意味する。検案の場合も基本的に「見るだけ」であり、解剖までは行なわない。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の警察署を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る