ご希望の警察署情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

警察署用語集

警察署用語集 警察署用語集

文字サイズ

  • さすまた
    さすまた

    さすまたとは、日本の伝統的な武具のひとつである。江戸時代には警察組織の装備として採用されており、警察組織では機動隊などが使用している他、防犯用品として一部の学校など施設にも備えられている。漢字では「刺股」「刺又」などと表記。武具としては殺傷力が低く、主に相手の動きを封じる目的で使われる。柄が長いことから、適切な訓練をして扱い方を心得れば、ナイフなど刃物を所持した者に対して優位に立ちやすい。さすまたは、2?3m前後(多くは伸縮できる)の柄に、U字型の先端で構成される。U字型の部分を相手の胴体、首、手首、足首などに押し当てて、壁や床に押さえ付けることで動きを封じる。柄が長いことから、さすまたを使う側の身を危険に晒すことなく、相手を無力化しやすい。一対一の状況よりは、できるだけ多くの人員が、それぞれのさすまたで相手の身体を押さえ付けて取り押さえる方法が推奨されており、催涙スプレー、スタンガンなどを併用して使用することもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の警察署を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る